大学事務 求人情報

東北大学 大学事務職員 2024年2月7日締め切り

東北大学コンテンツ

東北大学 大学事務職員 2024年2月7日締め切り

世界最高水準の研究教育を実践する東北大学
皆さんの豊富な知見を活かしてください!

◆前職:宿泊業/中途入社4年目の男性より

日本と海外を繋ぐ橋の役割を担いたいという思いから、
外国人観光客も多く、
日本文化をこの身で直接伝えることができる日本旅館へ就職。

次第に、”今度は橋渡しをする人たちを支援したい”という気持ちが芽生え、
日本をはじめ世界で活躍する学生・研究者たちを
バックアップすることのできる本学事務職員へ転職しました。

大学の総務を担当しており、各種会議の運営補助、
講演会やイベントの補助、政府との連絡など幅広く業務を担当しています。
これまで積み重ねた様々な知識や経験を駆使し、
”縁の下の力持ち”としてその都度発生する様々な事象を
解決していくことにやりがいを感じます。
◆前職:芸術交流のコーディネーター/中途入社5年目の女性より

前職では、国際文化交流のコーディネーターとしてタイで就労していました。
そこでは文化交流の他、タイと日本の大学機関による学術交流も支援しており、
その過程で研究者や学生を支援する大学職員の仕事があることを知りました。

結婚と子育てを機に地元である東北へ。
現在は外国人をはじめとした研究者をサポートする部署にて
海外から東北大学に来る方々に対してビザの申請、暮らしの手配、
共同研究のサポートや学術交流協定の整備を担当しています。

今後は、様々な業務に挑戦しつつキャリアを積んでいきたいです。

募集要項
国立大学法人化以降の大学を取り巻く諸情勢の変化の中で、
東北大学では、広い視野を有し、前例踏襲にとどまることのない挑戦心や改善意欲に富む人材を求め、
豊富な知見・判断力を有する方を対象として独自の採用試験を実施します。

本採用試験は、皆様の知見や柔軟な発想等を
東北大学の様々な業務に活用していただくことを期待して行うものです。

採用後、事務職員としてキャリア形成を図っていく過程で、
それらを活かしながら業務の改善等を行うことができる人材を求めています。

仕事の内容
東北大学の本部事務機構、大学院・学部、研究所、病院などにおける事務業務全般

【具体的には】
◆上記部署における下記事務業務を担当していただきます(担当業務のローテーションあり)
-総務・人事・労務関連業務
-広報関連業務
-コンプライアンス推進業務
-財務・会計業務
-国際交流関連業務
-研究推進・産学連携関連業務
-学生支援業務
-情報関連業務
-病院事務関連業務

【採用後のキャリアパス】
採用後、概ね3年毎に人事異動を行い、学内の業務全般について幅広く経験します。
学内の業務に精通した後、一人ひとりの経験や実績等を総合勘案し、主任、係長へと昇任します。
昇任後は、上司のフォロー、後輩職員や部下への指導を行いながら、担当業務についてさらに経験を積みます。
その後も本人の努力、勤務成績等により上位ポストに昇進。40歳前後で管理職になることも可能です。
人事評価や登用試験の制度が整備されており、正当な評価のもとで登用を決定します。
なお、学内での勤務が基本ですが、人材育成の一環として外部機関における研修または外部機関へ出向していただくことがあります。

求めている人材
4年制大学卒 平成3年4月2日以降に生まれた方/例外事由3号のイ・32歳未満(キャリア形成のため)

【具体的には】
例外事由3号のイ・32歳未満(キャリア形成のため)

未経験者の方歓迎

1. 1991年(平成3年)4月2日以降生まれの方
2. 4年制大学を卒業された方
3. 社会人としての豊富な知見、判断力を有する方

◆求める人材像
「変化に対応し、チャレンジする自律的な人材」

-様々な環境の変化に柔軟に対応できる方
-人に対して誠実で、協力と協働を大切にする方
-自らを成長させる努力を惜しまない方
-率先してものごとに取り組める方
-グローバル社会への対応の取り組みに意欲のある方

※東北大学採用HPも必ずお読みください。
(下記「連絡先」にリンク有)

勤務地
主に仙台市内各キャンパス(人事交流あり)

※UIターン歓迎

→リクナビNEXT上の地域分類では……
仙台市

給与
月給:20万7972円~25万1008円
※一律手当を含む

※経験年数等により決定

<月給例>
27歳・大卒・民間勤務歴5年/月給23万5000円+各種手当

【手当】
一律地域手当 1万1112円~1万3914円(固定給に含む)
※一律地域手当は、仙台市内勤務の場合のみ支給
※通勤、住居、扶養、超過勤務手当等(本学給与規程に基づき支給)

【昇給】
年1回

【賞与】
年2回
(6月・12月)

勤務時間
勤務時間:8:30~17:15

※実働7時間45分
※勤務場所により異なる場合があります

休日・休暇
完全週休2日制(土日)
祝日
年末年始(12/29~1/3)
年次有給休暇
リフレッシュ休暇
産前・産後休暇
忌引 等

※業務の都合上、時間外勤務または休日勤務を命ずることがあります

待遇・福利厚生
【試用期間】
6か月
労働条件は本採用と同じです。

【保険制度】
・健康保険
・厚生年金
・雇用保険
・労災保険

・文部科学省共済組合に加入
・宿舎(世帯宿舎・独身寮)
・各種健康診断
・体育施設(体育館、テニスコート、グランド等)
・事業場内保育園

リクナビNEXTの取材から

~同僚の皆さまに聞いてみました~
前職で得た臨機応変に対応する力が活きていると感じます。
学生や研究者とは直接的に接する機会こそ少ないものの、
業務の1つ1つが結果的に学生や研究者の活動のサポートに繋がっていると感じます。
また、自己啓発研修などの自己研鑽の機会も整っており、
働きやすさはもちろん、能力を高めていける環境です。

東北大学 総務企画部 総務課 総務第一係(中途入社4年目)

コロナ禍以前は、国内外の来賓をお呼びしてシンポジウムを毎年開催しており
私は運営支援業務を行っていました。

招待状を送ったり、当日の進行をしたりとかなりボリュームのある内容でしたが、
「スムーズな運営と温かい歓迎をありがとう」と感謝を直接言っていただけたことが印象的です。

東北大学 高等研究機構等国際推進係(中途入社5年目)

前職で得た臨機応変に対応する力が活きていると感じます。
学生や研究者とは直接的に接する機会こそ少ないものの、
業務の1つ1つが結果的に学生や研究者の活動のサポートに繋がっていると感じます。
また、自己啓発研修などの自己研鑽の機会も整っており、
働きやすさはもちろん、能力を高めていける環境です。

東北大学 総務企画部 総務課 総務第一係(中途入社4年目)

コロナ禍以前は、国内外の来賓をお呼びしてシンポジウムを毎年開催しており
私は運営支援業務を行っていました。

招待状を送ったり、当日の進行をしたりとかなりボリュームのある内容でしたが、
「スムーズな運営と温かい歓迎をありがとう」と感謝を直接言っていただけたことが印象的です。

東北大学 高等研究機構等国際推進係(中途入社5年目)

前職で得た臨機応変に対応する力が活きていると感じます。
学生や研究者とは直接的に接する機会こそ少ないものの、
業務の1つ1つが結果的に学生や研究者の活動のサポートに繋がっていると感じます。
また、自己啓発研修などの自己研鑽の機会も整っており、
働きやすさはもちろん、能力を高めていける環境です。

東北大学 総務企画部 総務課 総務第一係(中途入社4年目)

コロナ禍以前は、国内外の来賓をお呼びしてシンポジウムを毎年開催しており
私は運営支援業務を行っていました。

招待状を送ったり、当日の進行をしたりとかなりボリュームのある内容でしたが、
「スムーズな運営と温かい歓迎をありがとう」と感謝を直接言っていただけたことが印象的です。

東北大学 高等研究機構等国際推進係(中途入社5年目)

1
2
~将来あなたに期待したいこと~
◆100年先の未来をつくる大学経営を牽引する

広い視野を持ち、多様な経験・知見を活かして、
本学を取り巻く難しい課題を解決へ導くことができる方を求めています。

先ずは大学事務の現場を知っていただき、経験を積んだ後は、慣例や従前のやり方にとらわれず、
これまでの経験・知見を活かした「良い変化」を生み出してください。

将来的には、チームを率い、大学経営の中核を担う人材となっていただけることを期待します。

採用企業情報
国立大学法人 東北大学

設立
1907年6月(明治40年)※創立

代表者
総長 大野 英男

従業員数
6,439名(2023年5月1日現在)

事業所
【仙台市内】片平キャンパス、川内キャンパス、青葉山キャンパス、星陵キャンパス ※その他、宮城県内外に附属施設あり

業種
教育/団体・連合会・官公庁・独立行政法人/その他業種

事業内容
◆高等教育・教育研究機関  ◎東北大学は、建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造します。また、研究の成果を社会が直面する諸問題の解決に役立て、指導的人材を育成することによって、平和で公正な人類社会の実現に貢献することを使命としています。

連絡先
国立大学法人 東北大学(ホームページ)
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
022-217-4825/050-7788-1598/東北大学人事企画部人事企画課人材育成係
saiyo@grp.tohoku.ac.jp

タイトルとURLをコピーしました